オフィスレイアウトのデザインの見直し

subpage01

昨今、諸外国ではお客様向けのオフィスレイアウトから従業員向けのレイアウトへと変わりつつあります。日本ではやはりお客様は神様、というような言葉もあるように従業員のことは二の次にしてまずはお客様という傾向がありますが、実はそれこそお客様の為にはならないという考えもあります。

朝日新聞デジタル情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

オフィスレイアウトを従業員向けのデザインに変更することで何が期待できるのか、例えば仕事の効率を考えたレイアウトにすることで従業員の仕事効率が上がり、それだけではなく仕事にかかる従業員のストレスも軽減され結果的に生産性が上がり顧客満足度にも、従業員満足度にも繋がるという性質があります。



また、現代社会ではオフィスレイアウトをしっかりとしたコンセプトを持ったデザインにすることも営業の一環と言えます。

例えばオフィス内でタバコの臭いが充満している、従業員は限られた狭いスペースで黙々と作業をしている、このような会社と一緒に仕事をしたいと思えるのは昔ながらの考えを持った少数派の人ではないでしょうか。

様々な技術が発達し衛生環境をある程度は整えられる現代では、清潔感や独自性を演出したオフィスレイアウトをデザインするのは段々と浸透してきています。
中小企業ではまだまだ実施されていない所が多いですが、たかがオフィスレイアウトと考えずにデザインを見直すことで新たなビジネスチャンスが訪れるかもしれません。

ストレス社会に切り替わった現代では従業員のことを考えることも容易くはありませんが、デザインを見直すことは難しいことではありませんので挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。