オフィスレイアウトのデザインで陥りやすい間違い

subpage01

オフィスレイアウトを行う場合、多くは仕事のし易さを優先しデスクや棚の配置、コピー機の位置などをデザインする事が多いものです。
この考え方は決して誤りではありませんが、仕事のし易さを優先するあまりに重大な間違いをしてしまうことがあります。

それは社員の精神衛生環境です。たとえば、コピー機が近くにあると仕事がしやすいということで多くの会社ではオフィスの傍にコピー機を設置することが多いものです。しかし、常にコピー機を使用するわけではなく、逆にコピーをする人が入れ代わり立ち代わりその周辺を歩き回るので仕事に集中できなかったり、その音がうるさいという問題が生じて来ます。



同様に関係の深い部署を頻繁に行き来が有るからと近くに配置すると、お互いに監視されているような錯覚を受けたり、或いは依頼した仕事について進捗が気になり常に様子をうかがってしまうといった状態になりがちで、お互いに追い詰められてしまうことも少なくありません。
その為、オフィスレイアウトを行う際には単純に仕事がし易いという視点だけではなく、精神衛生的な視点での分析も含めて、総合的にデザインする事が非常に重要となるのです。

NAVERまとめの情報を得られます。

しかし、自社でオフィスレイアウトをデザインする場合には、業務効率を優先してしまう方向に偏りがちなものです。
そのため、最近では多くのオフィスレイアウト業者がこのような精神衛生面も考慮したオフィスレイアウトプランを提案しています。



これらの業者に相談して、客観的にオフィス環境を分析してもらいレイアウトをデザインしてもらうのも非常に良い方法です。