空間の目的に合わせたオフィスレイアウトのデザイン

subpage1

オフィスレイアウトは仕事の効率を格段に上げる要素のひとつになります。
企業によっては年に何度もレイアウトを変えて、社員のモチベーションを高めようとしています。プライベートでもなにかうまくいかないことがあったとき、部屋の模様替えをして気分転換をしようとする人も多いでしょう。

人気のあるオフィス移転に今、注目が集まっています。

それと同じ効果が期待できるというわけです。

しかし、部屋の模様替えと違うところは、オフィスには多数の社員がいて自分の好みだけで配置を動かしたり、デザインを選んだりできない点です。
飽きないためのオフィスレイアウトではなく、思った成果がでないためについつい繰り返してしまうという企業も少なくありません。貴重な時間を無駄にしてしまわないためにも、ポイントをきちんと押さえておく必要があるでしょう。まず、オフィスレイアウトの基本は、社員が個人で仕事をする空間と、チームが集まって会議を行う場所、そして、働いている人が息抜きをしてリラックスをするための休憩スペースというふうに分けて考えなければなりません。

それぞれのスペースにはきちんと目的があるので、それに沿ったデザインを手掛ける必要があります。



仕事の空間に派手なデザインの壁紙などを使用すると気が散ってしまいますので注意が必要です。休憩室には自然色を取り入れた緑系の落ち着いた色味の壁紙や、小物を置いておくとリラックスできる空間が広がります。仕事場の天井が蛍光灯ならば、休憩室にはオシャレな間接照明など使えば気持ちの切り替えもうまくいきます。

NAVERまとめの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

ビジネスの実態

subpage2

オフィスレイアウトを行う場合、多くは仕事のし易さを優先しデスクや棚の配置、コピー機の位置などをデザインする事が多いものです。この考え方は決して誤りではありませんが、仕事のし易さを優先するあまりに重大な間違いをしてしまうことがあります。...

next

最新情報

subpage3

昨今、諸外国ではお客様向けのオフィスレイアウトから従業員向けのレイアウトへと変わりつつあります。日本ではやはりお客様は神様、というような言葉もあるように従業員のことは二の次にしてまずはお客様という傾向がありますが、実はそれこそお客様の為にはならないという考えもあります。...

next

難しくないビジネス

subpage4

オフィスレイアウトは、その場所で働く人にとって大切なことです。まず、働く人が働きやすい環境になっているかどうかを考えてみましょう。...

next

初心者向きビジネス

subpage5

オフィス移転に関しては様々な理由がありますが、最もポジティブな移転はある地方を担当する支店の売り上げが急速に伸びスタッフを増強して販売強化を図る目的で移転する事です。先ず不動産業者に希望する場所と必要な面積及び予算を示し当該会社に相応しい物件を数件見つけて貰い話を詰め、本社決済を仰ぎ決定する事から始まります。...

next